3児の母 マレーシアへ行く

7歳 5歳 1歳 ワンオペ助産師ママ 8月からマレーシア生活開始

MENU

【海外移住】クアラルンプール初心者・観光編【KLタワー】【I♡KL】【KLCCパーク】

初めてのクアラルンプール。数か月後には移住するとはいえ、今回は完全に観光客気分ですのでしっかり観光もしてきました。

早朝に到着した1日目にはKLタワーと「I♡KL」のモニュメントが有名なCity Garalleyとその近くにあるCentral Market。1日がかりの予定が予想外に午前中だけで学校見学ツアーが終わってしまった2日目はKLCCパークへ行ってきました。

 

良くも悪くもThe観光地!KLタワー

SkyデッキとSky Boxは必須

電車とバスを乗り継ぎ何とかKLタワーへやってきました。無駄に頑張らず、Grab Taxiならもっと楽々到着できるでしょう。

 

 

www.mw3mom.work

 

クアラルンプールには有名なタワーが2つありまして、一つはペトロナスツインタワーという高層ビル、そしてもう一つが今回登ったKLタワーという電波塔です。前回の記事でも紹介したid:RnMtravelwithkidsさんのブログに「KLタワーの方がおススメ」とあったので、私は彼女の言に従ってKLタワーへ行ってきました。そしてここも、彼女のブログを参考に事前割引チケットを購入してから行きました。

 

rnmtravelwithkids.hatenablog.com

 

f:id:mw3mom:20190604220652j:image

ツインタワーは行ってないので比較はできませんが、とりあえずKLタワーに行くなら「Skyデッキ」と「Sky Box」がセットになった券を絶対に買うべきということだけは強く主張しておきたいと思います。SkyデッキとSky Boxでは、日本では味わえない体験ができたので絶対おすすめです!
f:id:mw3mom:20190604220821j:image

 見てください、この開放感!開放的だけど、ガラスの壁からタワーの端まで若干距離があるので安全。身を乗り出したって落ちることはありません。(怖いからしないけど)
f:id:mw3mom:20190604220851j:image

 若干曇り空でしたが、高層ビルがにょきにょき作られているのを見渡すことができます。KLタワーは小高い丘の上に立っている塔なので、他の建物より群を抜いて高いので見ごたえがあります。この高さで風を感じながら景色を楽しめるの場所は、日本ではなかなかないです。

 f:id:mw3mom:20190604220753j:image

Sky Boxというのはこちらのガラス張りの箱のことです。デッキに到着すると番号札をくれます。普段は並ぶらしいのですが、私たちが訪れたのは木曜日、平日真っただ中。すっかすかでした。かろうじて私たちの前に大家族の観光客が居ただけ。 

f:id:mw3mom:20190604220814j:image

混んでいると時間制限があるらしいのですが、この日は私たちの後ろに誰もいなかったので満喫し放題でした。

f:id:mw3mom:20190605005916j:image

怒涛の写真撮影

ガラス張りなんて怖いなー、兄助も怖がるんじゃないかなー、せっかくチケット買ったのに嫌がったらもったいないなー…なんて思っていましたが、杞憂でした。

意外に大丈夫だった…というのもありますが、何より写真撮影のお兄さんの押しが強かった。強すぎて怖がる暇がなかったというのが事実かも。
f:id:mw3mom:20190604220744j:image

 「はい、ママとハグして。笑って」
f:id:mw3mom:20190604220737j:image

 「座って、手を広げてー笑顔ー」
f:id:mw3mom:20190604220700j:image

 「よし、お兄ちゃん一人で撮ろう。もっと奥行って、座って」
f:id:mw3mom:20190604220747j:image

 「最後は二人で寝転んで。ハイもっと笑ってー。こわいねー」

と言う感じで、お兄さんがすべて写真撮影のポーズの指示を出してくれました、日本語で。さすが観光地!おかげで怖がる暇はありませんでした。いいから写真撮影!言われたとおりのポーズをとることに必死。

KLタワーの難点:観光地特有の押しの強さ


f:id:mw3mom:20190605102825j:image

 空いていたので思う存分堪能できたし、景色も良かったし、行って大満足なKLタワーでしたが、難点が一つ…

写真撮影がすごく多く、かつその販売の圧力がすごいこと。

上の写真は根負けして、気に入って購入した写真です。印刷された写真をそこそこしっかりしたケースに入れてくれ、さらに一緒に撮影した(この場合Sky Boxで撮影した)他の写真のデータ付きで130RM…日本円にして3500円相当。高っ!

写真の手前右の2枚はKLタワーの入場チケット、真ん中はSky Boxの番号札、そして左の何枚もの紙は写真撮影後渡された「君の写真の番号はこれだよ、後で見て買ってね」という札です。どんだけ写真を撮られたか、お分かりになるでしょうか…

写真撮影スポットは入り口・Sky Box・展望台の3か所でした。いずれもお兄さんに「次はピース」「次は両手あげて」とバンバン指示を出され、ガンガン写真を撮られました。いずれも日本語。さすが観光地!
要所要所で焼きあがった写真を見せられ「思い出だよ」と押し売られそうになりましたが、とりあえず1セット買ったので、「うん、もう持ってる!」と笑顔で返して通り過ぎました。でもすごい圧力だったな…空いていたからだったのかな。平日は空いているかもしれないけど、こういう押し売りに注意!

City Garalley、嬉しいことに無料でした!

次に来たのはCity Garalley、こちらもid:RnMtravelwithkidsさんのブログを見て予習してやってきました。

【クアラルンプール・シティギャラリー】5月末まで入場無料!I❤KLが目印のシティ・ギャラリーでマレーシアの歴史を学ぶ - 私の旅した:子連れ海外旅行ガイド

行きたい!

2019/04/29 08:40

フォトスポットが沢山♪インスタ映えってやつですね!

f:id:mw3mom:20190604220727j:image

この「I♡KL」ってどこかで見たことあるなーと思ったら、我が家にある地球の歩き方の表紙でした!

 

ああ、道理で見慣れている(笑)
警備のおじさんが気前よく写真を何枚も撮ってくれました。

中にはKLの歴史なども展示されていましたが、兄助は興味が薄いようで仕方ないので即2階へ。2階には楽し気な写真スポットが沢山用意されていました!インスタ映えじゃないですか!
f:id:mw3mom:20190604220724j:image

 はしゃぎまくって写真を撮りまくる私たち親子…でも他の方達もたくさん撮りまくっていましたよ、大丈夫!

f:id:mw3mom:20190604220709j:image

中は涼しいし、物珍しいし、兄助も楽しかったようです。 

f:id:mw3mom:20190604220827j:image

 プロジェクションマッピングも併用したシアターがあり、そこでKLの街の紹介や街の今後の発展なども紹介してくれました。最後は花火が打ちあがり、ひと盛り上がり!兄助も「すごいねー」と興奮気味でした。

f:id:mw3mom:20190604220855j:image

順序に従ってまた1階に降りると、またまたフォトスポットが。
f:id:mw3mom:20190604220716j:image

 ゴジラ気分で街中を歩けます(笑)

見ごたえあり!Arch作品

そしてArchの作品を見ることができます。とても細かな作りで見入ってしまいました。見入って写真を撮るの忘れてしまったけど…

f:id:mw3mom:20190604220801j:image

お土産もArchの作品が沢山あり、上はお手頃価格の栞。これを買おうか迷っていましたが、結局兄助が「マグネットがいい」と言うので我が家と各祖父母宅にマグネットを購入。
f:id:mw3mom:20190604220839j:image

 さらに私はペンダントを購入。かなり気に入って、マレーシア滞在中ずっとつけていました♪可愛い。

Central Market…観光客向け施設って感じ

City Garalleyから歩いていける距離にCentral Marketなる場所があるというので、そこへ向かいました。というのも、空港でたまたま手に入れた観光マップの多分スポンサー?、とりあえずそのマップでは「Central Market」推しだったので、「そんなに楽しいところなのかしら?」と思っていきました。

結果としては、土日祝日なら多少混むのかもしれませんが、平日の昼過ぎは閑古鳥が鳴いている状態でした…。入っているお店はパッと見た感じおそらく観光客向けのお店がほとんどでした。

そのうちの一つに兄助がふらふらと吸い寄せられてしまいました。
お花が中に入ったガラス玉がずらっと並んでいました。すかさず店員さんは寄ってきて「これは光るよ」とライトを当てた後、手のひらの中で蛍光色に光る玉を見せてくれました。
「全然壊れない、丈夫。」と言って、これでもかと、商品をお店の壁や棚に打ち付けて見せてくれました。…ええ、商品でしょ?すごいパフォーマンス!

「これマレーシアの花ね」と1RM札に書かれている花と照らし合わせて見せてくれました。…そういわれるとそうかも?

「ネックレスにもできるし、キーホルダーにもできるよ」そこで兄助が陥落しました。「これ、ネーネのお土産にいいと思う!」
f:id:mw3mom:20190604220657j:image

 確かに…ネーネにはネックレスを買っていってあげる約束をしたし、いいか。と思って値段を聞いたら15RM。あぁ想像していたより高かった!普段のケチ全開の私なら買う気にはなかなかなれないけど…今回は観光だし、可愛いからいいかと購入しました。

「僕も欲しい」と兄助が言い出した時にはぎょっとしましたが、なんだかもう吹っ切れてしまったので買ってやることにしました。結果、彼はそれをキーホルダーにしてもらい、ライトにがっつり当てた後しばらく蛍光色に光る特性を生かして、自室を暗闇にして、私たちを招き入れ、光るキーホルダーを振り回して「花火だよー」と披露してくれるようになりました。どちらかと言うと蛍かな、と思うけど、とりあえず15RM分しっかり遊んで楽しんでくれているようなので満足です。

Central Marketは他にもお菓子類やナマコ石鹸などお土産っぽいものが沢山あったので、マレーシアっぽさを前面に出したお土産が欲しいならいいかも。

KLCCパーク・広くてきれい!

2日目は学校見学が予想外に早く終了したので、午後はペトロナスツインタワーのお足元のKLCCパークへ行きました。
f:id:mw3mom:20190604220842j:image

 マレーシアには日本のように子どもたちが遊べる公園があまりないけど、KLCCパークは遊ぶことができる、と言う風に聞いていたので期待していました。

f:id:mw3mom:20190604220654j:image

なかなか広い公園でジョギングコースもあります。 

f:id:mw3mom:20190604220830j:image

ペトロナスツインタワーのすぐ下には噴水が。日中も噴水のショーがありましたが、夜はライトアップされていて更にきれいでした。 

f:id:mw3mom:20190604220818j:image

噴水とは別に水遊びできるゾーンもあります。暑い気候だから、こういう風に水遊びできるとやっぱり気持ちいいでしょうねー。 

f:id:mw3mom:20190604220849j:image

さて、子どもが遊べるゾーンにたどり着きましたが…期待以上でした! 

f:id:mw3mom:20190604220810j:image

こういう滑り台やはしごなどが一体になったアスレチック、日本では一つの公園に1台か2台、せいぜいあっても3台くらいのアスレチックがたくさん置いてありました。

f:id:mw3mom:20190604220740j:image

いったいいくつあるのか…ありすぎて数えきれない 

f:id:mw3mom:20190604220733j:image

まだある 
f:id:mw3mom:20190604220750j:image

まだ!
f:id:mw3mom:20190604220649j:image

 こっちにも!

f:id:mw3mom:20190604220706j:image

一体いくつあるんだ! 

f:id:mw3mom:20190604220835j:image

20まで数えたあたりで諦めました。わけわからなくなっちゃう…。 

多すぎて、かえって死角が多くて、これはチビ3人連れの場合には来れないな、と思いました。誰か一人くらい失踪するでしょう。子どもの数より大人の数が多い状態で行かないとこれは大変。子どもはきっとはしゃぐでしょうし…
f:id:mw3mom:20190604220721j:image

 この日は平日17時頃と少し日が傾いていたせいもあってか人がまばらでした。

f:id:mw3mom:20190604220730j:image

あと、滑り台なんかが金属製ではなかったので、マレーシアの暑さでうっかり滑り台がフライパン状になる!みたいなことにはならなそうでした。 

f:id:mw3mom:20190604220758j:image

 

旅の最初は頑張って電車やバスを使ってみましたが、後半は荷物の重さと兄助の疲労のためGrab Taxiを多用しました。やっぱりTaxiは便利。 
東南アジアに旅行の前にはGrabアプリをDLすることを強く勧めます♪

 

にほんブログ村 海外生活ブログ クアラルンプール情報へ
にほんブログ村