3児の母 マレーシアへ行く

7歳 5歳 1歳 ワンオペ助産師ママ 8月からマレーシア生活開始

MENU

気持ち悪い お腹痛い

体調不良です。(回復中)
今日は徒然なるままにそのことを綴ります。

 

先日はマレーシアに来て初めて吐きました。
結婚記念日だったのですが、私がうっかりすっかり忘れていたので普通のご飯を作ってしまい、夫が気を利かせてお刺身を買ってきてくれました。
マレーシアに来てから初のお刺身。ISETANで買ったので間違いありません。そしてお値段もびっくりするくらい高いです…。
とはいえ、素敵な結婚記念日を過ごしていたのですが、久しぶりのお酒だったせいか途中で気持ち悪くなってしまったのです。

しばらく「なんか…気持ち悪い」と休んでいたのですが、結局リバース。

夫も子どもも大丈夫だったのでお刺身のせいではないと思うのですが…

 

翌日もまだ何だかぐったりした感じ。
そしておなかが痛い…痛い?
くだしてしまいました。

ただ子どもたちと出かける約束をしていたので、「今日は短めでね」といって無理してお出かけをしました。

寒い!
マレーシアのショッピングモールはどこもかしこも病人にとっては寒すぎます。
普段なら「涼しいなー。ちょっと涼しすぎるかな」程度の空調が、その時の私にとっては暴力的な寒さでした。
心底ダウンジャケットが欲しいと思いました。

帰宅後はダウン…夫に子どもたちを丸々お願いして休憩。
しかし、ほどなく昨日泊りがけの仕事だった夫も疲労のため休憩…すると、どうしたって子どもたちは寝ている私と寝ている夫では私を起こすばかり。
度々子どもに呼び出されては、水をコップに入れてやり、おやつを出してやり、止まったネットを再読み込みし、合間で授乳をし…本当に辛かったです。

体調を崩しても母親は休めない、というのをひしひしと感じます。

 

www.mw3mom.work

 そして何よりご飯を食べられないのが辛い。
食べられない、食べたらもれなく気持ち悪くなって最悪リバースしてしまうことがわかっているのに、どうしたってお腹がなる…。
食べられない状況の時くらい、お腹が減るという機能も停めてくれたらいいのに…。

このごはんを食べられない期間私の命をつないだのはOS1でした。
日本から大量の粉末を持ってきておいてよかったです。
日本だったらゼリーなんかを食べていたところだったのですが、マレーシアでは日本のコンビニなどで見かけるフルーツゴロゴロのゼリーはあまり見かけません。
ゼリーがないわけではないけど…日本に帰りたい。日本のゼリーを食べたいと初めてホームシック(?)になりました。

 

www.otsuka-plus1.com

粉末のOS1はAmazonなんかでは手に入らないのです。大塚製薬の公式販売だけです。

最終的に丸2日絶食状態で過ごしました。

仕方なかったとはいえ

  • 掃除ができなかったこと→一気に汚部屋に!
  • 英会話レッスンを受けられなかったこと→月謝代がもったいない
  • 筋トレを継続できなかったこと→数日なのにあっという間にお尻が下降↓

激しく後悔。

そして何より子どもにも夫にも申し訳なかった…。
私が寝込む→疲労困憊の夫が何とかご飯準備→いつも通りの子ども→夫疲労のためいつもより沸点低め→子ども叱られる
皆ごめんね。。

 

そこから更に数日後。

今度はチビ助に感染した模様。私が体調不良の間も延々と授乳を要求し続けていたので、誰よりも濃厚接触だったのは明白…。
嘔吐と下痢を繰り返すも…しかしこの人は元気。ご飯も食べるし(また吐くこともあったけど)元気に踊ったり遊んだりしている…。
同じだけど同じじゃない。
吐いた後もケロっとしていてすごい。

 

健康って大事だなぁ。何がいけなかったかなぁ、と反省中です。