3児の母 マレーシアへ行く

7歳 5歳 1歳 ワンオペ助産師ママ 8月からマレーシア生活開始

MENU

クアラルンプール初心者の観光【ブルーモスク】

夫に「それ(このタイトル)、いつまでクアラルンプール初心者なの?いつか上級者になるの?」と言われてしまいました…。
じゃあ半年くらいしたら辞めます、初心者。とりあえず次は中級くらいにしようかな…

 

ブルーモスクへの行き方

今回はブルーモスクに行ってきました。
場所はペタリンジャヤ。KLの中心地から車で1時間弱と結構離れています。ただ、ピンクモスクはモスク内部は見る場所が少なかったですし、基本的に自分で見て回るだけでしたが、一方でブルーモスクは中をガイドさんが説明しながら案内してくれるので、なかなか見ごたえありのモスクになります。中も広いです。

ツアーも出ているようなので、それに参加するでもいいでしょうし、シャーアラム駅(KLセントラルから一本10駅)から車で10分なので、電車とタクシーを乗り継いで行ってもいいかもしれません。

f:id:mw3mom:20191103162731j:image

 で、私たちは夫の運転する車で向かったのですが、大きいモスクなので、駐車場も大きいです。ピンクモスクの時は観光客が多いわりに、駐車場は少ししかなく、ピンクモスク前の円形広場を囲む道路に、皆何となく駐車しているという感じでしたが…ブルーモスクは駐車場が完備されているので安心です。

ただ、駐車場が広すぎて、そして意外とどこからでも入れる(上がれる?)感じになっているので、どこでも少ないの見学申し込みをすればいいのかわからず戸惑いました…。

タクシーなどで来れば多分大丈夫です。噴水(?)がデデーンと広がる広場に面した入り口で観光客向けの見学申し込みを受け付けていました。

そうそう、モスクの横に建っている塔、これはお祈りの時間を知らせる塔ですが、ブルーモスクには4本建っています。4本立っているので、自分の位置確認には利用できませんでした…。
f:id:mw3mom:20191103162736j:image

モスク見学ツアーの準備

無料でツアーに参加することができます。名前を書いて、受付前でしばらく待つように言われます。
まだかなーとボーっと待っていると、30分後くらいに前のツアーの人たちが帰ってきました。そしてその人が解散していると、次のツアー客である私たちの中の女性だけ呼ばれます。

青いガウンと水色のヒジャブを貸してもらうためです。
f:id:mw3mom:20191103162727j:image

私はガウンだけ借りて自前のスカーフを巻き巻き。特にそれでも何も言われません。ちゃんと頭がそれなりに隠れていればいいようです。

あと、びっくりしたことに私たちが参加したツアーは全員日本人でした…ピンクモスクに行ったときは中国人と韓国人が多かった気がしたのですが…日本人はブルーモスクが好きなのかな…たまたまかな…。
f:id:mw3mom:20191103162707j:image

ガウンにはブルーモスクの刺繍が胸元にあったりなかったり…そうたまになかったり。そんな画一的ではないところもマレーシア。だんだんわかってきたマレーシア。

いざ!見学ツアー

今回ツアーを案内してくれたのは50代くらいの女性でした。要所で止まって、色々説明をしてくれました。

シャッターチャンスタイムまで作ってくれました。

適度に自由時間を含ませながら、ちゃんと説明してくれるので有難いです。
ただし、大きくはない地声での説明なので、ちゃんと聞きたかったら列の前の方に陣取らないと何も聞こえません。
f:id:mw3mom:20191103162742j:image

青いキレイなタイル!流石ブルーモスクだね!と思ったら帰りがけに寄った女子トイレの近くのタイルは同じ柄で赤でした。

そういや、ここは男子トイレの近く…あれ?男女別なだけ?

シャッターチャンスが与えられたので、皆各々タイルだけ取ったりタイルの前で集合写真を撮ったりしていました。
f:id:mw3mom:20191103162710j:image

モスク自体は2階に上がります。広々とした空間に美しいモスク。廊下も美しいです。
床はもちろんのこと、天井、壁の作りも美しい。うちのチビ助も最近覚えたての「キレー」を連呼して絶賛していました。

f:id:mw3mom:20191103162717j:image

思わず走りたくなるけどもちろん走りません。子どもを止めるのが大変でした。だれも居ないので余計にはしゃぎがち…

f:id:mw3mom:20191103162752j:image

モスク正面の入り口です。ステンドグラスがきれいです。中から見たらまたきれいなんだろうなーと思ったら、中は結構薄暗い感じで、夕方近くのタイミングも悪かったのか、中からはあまりきれいにステンドグラスを見ることはできませんでした。
外から見たほうがきれい。

f:id:mw3mom:20191103162748j:image

中はすごく広いです。そして所々にある扇風機の下にはコーランが置いてあるらしいです。そうですよね…長いから皆も全部覚えていられるわけじゃないですよね。
f:id:mw3mom:20191103162714j:image

天井もキレイだけど、広い為か光が天井まで届かず暗い印象…。


f:id:mw3mom:20191103162756j:image

こちらの方角の2階のステンドグラスはきれいに見えました。

また違う時間の時に来てみたいなぁ、と思ったり。
f:id:mw3mom:20191103162801j:image

お祈りの真似事。子供たちは勝手に周りのイスラム教信者の人を見てやっていました。チビ助は何となく転がっているだけ…

実際そのあと、お祈りの仕方を教えてもらいました。ガイドの人が多分お祈りに来ていた一般の人に声をかけたと思われます。デモンストレーションをしてもらいながら、それに続いてツアー客一同でお祈りしてみました。

ガイドさんがその後教えてくれましたが、お祈りをする際には父→息子→母・娘の順で前からで座るんだそうです。チビ助であっても基本は母より前。ただ小さいので臨機応変に対応も可能とのことです。女の人は男の人の前で祈ってはいけないっていうのはきいていましたが、家族内でもそうなんだなぁと。
正面から回って横からのモスク内も見せてくれます。
f:id:mw3mom:20191103162703j:image

こちら側はステンドグラスでより青感が高まります。

色々な角度からも少ないを見せてもらえてうれしいです。ピンクモスクやマラッカの水上モスクの時よりも中に入れる範囲が広いのも嬉しいです。
f:id:mw3mom:20191103162722j:image

最後によくわからないけど結婚式に参加させてもらいました。集合写真まで撮るという…ウチの夫は花嫁さんに「どうぞ隣に座って」と言われていましたが、丁重にお断りしました。花嫁花婿に並んで見知らぬ日本人が映るとか謎すぎる…。いいの?花嫁さんいいの?

おまけ:トイレびしょびしょ

結婚式参加後何となくふんわりと元居た場所に帰ってきて、「じゃあこれでツアー終了」的な言葉も何もなくふんわりと解散してツアーは終わりました。

他のツアー客の人たちはそこから上がってきたので、解散場所の周辺に靴があるのでそれを回収して帰っていきましたが、私たちはよくわからないとこから上がってウロウロしながら、ツアー申込場所にたどり着いたので、靴の場所まで戻らないといけません。

その途中に信者の人たちも使うトイレがあったので、トイレに行ってから靴の場所まで戻ることにしたのですが…

信者の人たちは皆さん手足を洗ってからお祈りをされるのです。
そしてその手足を洗う場所はトイレと一体になっているのです。

つまりもうその周辺は常にびっしゃびしゃ。仕方ない。
そしてマレーシアのトイレはきれいなモールとかでもたまにそうなのですが…基本濡れています。マレーシア人はトイレで用をたした後、ティッシュで拭かずに水で流すので、便座も床もどこもかしこもびっしゃびしゃが普通なのですが、今回はそれに加えて私たちも裸足…ちょっとハードルが高いトイレでした。
ネーネは半泣きになりながらのトイレになりました。

トイレ事情にはなかなか慣れないです…そういうものだと理解はしているけど。

ちなみに男子トイレは先ほどツアーで回った途中のブルーのタイルの近くにあったので、夫と兄助は入れず。
靴を履いて、同じ敷地内に何か違う近代的な別に飾り気も何もない、ただ比較的新しくてきれいな建物があり、そこで男子トイレを発見して入っていきました。
私たちもそっちが良かった…。靴はいてるし。

皆さんもブルーモスクに行った時には、トイレに気を付けてください。挑戦しても良し、他の近代的な建物で済ますでもよし。