3児の母 マレーシアへ行く

7歳 5歳 1歳 ワンオペ助産師ママ 8月からマレーシア生活開始

MENU

子ども3人同時に熱発したら

マレーシアに来て3か月たったのですが…ちょろちょろ小さな風邪をひいたりしていた子どもたちが、ここにきてまとめて熱を出しました。

母自身が体調を崩すのも辛いけど、子ども全員(ついでに夫も)まとめて熱を出されるのも大変ですよね…。

パーティー全滅の危機

f:id:mw3mom:20191122065834j:image

下の二人は大体どちらかは必ず鼻を垂らしている…と言うくらい、パーティー全体が元気満タン、HP全回復状態が少ないのですが、真ん中のネーネが熱発してしまいそこから全体に蔓延してしまいました。

ネーネ、熱発(ところが家族旅行の予定を無理に決行…これは私の失態)
  ↓
ホテルでお休みを多めに取りながら少しだけ様子を見て観光
  ↓
最終日に夫と兄助が熱発。ネーネは軽快しつつあるけど全快はせず
  ↓
翌日チビ助も熱発したため、夫も含め全員仕事・学校休み
(ネーネは行けそうだったけど…皆休んでいる中絶対に「ずるい!」と言って行かないので。)
  ↓
兄助・チビ助も回復したように見えたので全員学校へ行く
  ↓
兄助、学校から「なんか調子悪そう」と連絡をもらう。ぶり返した。
  ↓
チビ助もぶり返した…今ここ

そもそも最初の私の判断が失敗だったことは認めます。(だってどうしても行きたかった…観光したいというよりホテルでのんびりしたかった)
でもお陰でパーティー全滅の危機…。

何が困るかと言うと…

皆病人で黙って寝ていてくれればいいのですが、子どもってそういうわけにはいきません。
回復過程にあると余計にです…。

チビ助「おぱーーーい」

ネーネ「喉かわいたぁーーー」

兄助「お母さん助けてーー(トイレで自分のウン〇の臭さにやられて吐いた…)」

以上のように3人同時多発的に私を要求することが日常より頻発するのです。
私の身が持たない…
チビ助のおぱーいコールはよくあることですが、上二人は大抵何か要求してきても「ちょっと待って」とか「自分で冷蔵庫から出して」で済むことが、できなくなってしまうので困ります。

そして病気の時くらい優しくしてあげたい気持ちもありつつ、こう引っ張りだこだとなかなか優しい対応ができません。。

大事なのは諦めること

こんな時、

  • 家の掃除をしたい
  • ブログを書きたい
  • ライターの仕事をしたい
  • ご飯を作りたい

とか思うと、全然自分の思う通りにならないので余計にイライラしてしまします、当然ながら。

なので、こんな風に家族の中に複数人病人がいる場合に大事なのは、何もかも諦めること!病人とともに自分も休むことを最優先すること!です。

何かをしようと思ったら負け。最初からあきらめてしまえば大丈夫。

とはいえ、家が汚くなっていく様子や仕事が溜まっていく様子を見るのは辛いです。気持ちが焦ります。そこをぐっとこらえて見ない!

子どもは休むのが下手…お手本が必要

f:id:mw3mom:20191122065858j:image

特に小さい子どもは休むのが下手です。辛いならもうひたすらに寝てりゃぁいいのに、寝るのに飽きてしまう…誰かが遊んでいるとついつい遊びに行ってしまう…というか何もしていないはずなのにいつの間にか一緒に遊びだしたりケンカし始めたり…

いいから、あんた達全力で休みなさい!

という感じです。

なので、実際のところ一番病気から遠くて元気なお母さんだけど、率先して休んで手本を見せてやらないといけません。
そこにたまった仕事があるのに…寝ている場合ではないのに…でも寝る!

実際、私が寝ているとチビ助は「おぱーいおぱーい」と言いながら吸いながらやがて寝ます。
何となく私のそばに居たいネーネもつまらなくなってきてそのうち寝ます。
兄助は知りませんが、私が気が付いた時には寝てるので多分やがて寝るのでしょう。

病院に行くタイミングを考える

病気を治すには病院で検査したり、薬を使ったりと言うのはもちろんありますが、何より大事なのは自己回復力です。
今まで日本で小児科で働いていても、実際母として子どもたちを連れて小児科に行っても、もちろん自分自身が病気で病院に行っても、基本的な治療方針は対症療法です。

つまり

  • 咳が辛すぎる→咳止め、痰切り
  • 下痢→整腸剤
  • 熱が高い→解熱剤

などなど、よほど「コレ!」という菌が特定されればそれに応じた抗生剤があったりしますが、大抵は出ている症状に合わせて辛さを軽減する薬がほとんどです。
そして、これら大抵の対症療法の薬は既に日本を出国する前に入手済。解熱剤も使うタイミングさえわかっていれば、別に問題ありません。

さらに「後医は名医」と言ったもので、症状の出始めより出そろってからの方が判断がしやすくなるのは当然で、病気になったからと言って急いで駆け込んでも(もちろん急いで駆け込んだほうがいい症状の時もあります!)何が何やら医師もわからないことが多いのです。検査をしても結果が出ないこともありますし。
我が家は今、海外保険がない状態なので余計に無駄に病院に行きまくるわけにはいかないので、病院に行くならタイミングをうまく図っていかないといけません。

早く元気になりますように

何はともあれ、一応回復しつつある様子なので、悪化させないように加減しつつも、一方でネーネなんかはプレスクールを休みすぎてまた一段と抵抗が激しくなっているので、体調を見つつまた無理やりにでも通わせないといけません。
兄助の学校は出席日数が進級に影響してくるので、無理はさせたくないけどあまり悠長に休ませてもいられません。(入学時、既に5日位遅れているし)

そして何よりこの台風が過ぎ去った後に私が発症しないか…それが一番心配です!

 

日本ではインフルエンザが既に猛威を振るっているようですね。
皆さんどうぞご自愛ください。