3児の母 マレーシアへ行く

7歳 5歳 1歳 ワンオペ助産師ママ 8月からマレーシア生活開始

MENU

フィリピン人と話が盛り上がるJolibeeについて

先日オンライン英会話で兄助がフィリピン人の先生とJolibeeの話で盛り上がっていると書きましたが、今日はそのJolibeeについてお話しします。

 

フィリピンのJolibee

f:id:mw3mom:20191122141941j:image

我が家は何度かフィリピンに行ったことがあるのですが、そこで泊まったホテルの下にモールがあって、モールの中にあったのがJolibee。

Jollibee Foods Corporation

せっかくならご当地料理を大人としては食べたいですが、子どもは食べられるか不安です…そんな中見つけたJolibeeはなんたって安心のハンバーガーチェーン店。初めて見るお店ではあったけど、ハンバーガーなら子どもだって大丈夫です。そしてお決まりのポテトもついていて安心。フィリピン滞在中連日Jolibeeに行きたがるほどの安心感でした。

このJolibeeというお店、フィリピンでは当たり前のように浸透しているフィリピン発のファーストフード店です。beeというくらいなので、蜂がマスコットキャラになっています。
お店の前に立っているこのハチ君はちょっと怖い…でもマクドナルドやケンタッキーも怖いといえば怖いから同じか。

今のところ日本には出店していないようですが、アメリカや香港、東南アジア諸国にも出店しているなかなかのマンモス企業です。
マレーシアではクアラルンプールでは見かけないけど、コタキナバルでは見かけました。コタキナバルはだいぶフィリピンに近かったので、そのせいかな?

Jolibeeのいいところ

f:id:mw3mom:20191122141819j:image

Jolibeeの魅力的なところはメニューがハンバーガーだけではないというところ!ご飯あり、スパゲッティあり、チキンあり、ハンバーグあり。

日本でもウェンディーズとかロッテリアとか一部のハンバーガー店ではハンバーガー以外のメニューもありますが、違うのです。もうセットの一部になっているのです。
スパゲッティも色々な種類があるわけでもなく、ミートソースオンリー。ご飯も白米オンリー。
でもそのシンプルさがいい。シンプルなのに、主食を好きに選べるっていい。

我が家のご飯党のチビ助はハンバーガーショップに行くともっぱらポテトしか食べず、パンは一切食さない人なのですが、ご飯があるのでご飯を食べます。ポテトはしょっぱいし、脂っこいし…それに比べたら白米オンリーでもいい。

Jolibeeの残念なところ(個人の意見です)

f:id:mw3mom:20191122141840j:image

反対に残念なところは、個人的に言えばハンバーガーがシンプルすぎるところ。

マックのパンとかは例えただのハンバーガーであっても軽く焼いてあってあったかくて少し焼目でパリっとしている(少しだけど)のがいいのですが、Jolibeeのパンはあれ?フワフワ感だけ?温めてくれてはいるようだけど、ふにゃっとしていて焼いてはくれていないみたいです。

そして具がない。パティとソースのみ。嫌いじゃないけど…玉ねぎとか、ピクルスとか…と思ってしまう。
ピクルスとか嫌いな子どもにはいいかもしれないけど、ちょっと寂しい気持ちです。

チーズバーガーは別にありますが、これにチーズが追加されただけ。バーガーの種類も別に多くはありません。いいんだけど。だってチキンやスパゲッティや他の追加メニューがあるんだから。

フィリピン人と絶対盛り上がるJolibee

兄助はこのJolibeeが大好きです。そして先日もお話ししましたが、フィリピン人のオンライン英会話の先生とJolibeeの話で盛り上がっていました。
とはいえ、まだそんなにペラペラに英語をしゃべれるわけではないので、I like Jolibee. I want to eat Jolibee everyday.くらいのことでしたが、先生も地元(?)の話をしてくれて嬉しいのか「おいしいよね!」「毎日はダメだよ兄助ー笑」と会話が弾んでいました。

その後も同じ先生にあたると、「兄助はJolibeeが好きだったね」とか「今日僕はこの後Jolibeeに行くよ」などちょいちょい会話に挟んできます。(笑)

兄助自身も楽しく会話が弾むと英会話自体も楽しくなっているようで、臆せず色々話しているので良い効果がありそうです。

 

皆さんもフィリピンに行った際は、他国でも見かけた際は一度は食べてみたらいいと思います、Jolibee!
オンライン英会話はよくフィリピン人の先生を見かけますが、フリートークで困ったら、話を振ってみてもいいかも♪きっと盛り上がります!