3児の母 マレーシアへ行く

7歳 5歳 2歳 ワンオペ助産師ママ2019年夏からマレーシア生活開始

MENU

日本に帰るべきかマレーシアに留まるか

f:id:mw3mom:20200411150948j:image

3月18日に開始したマレーシアのLockdown。

当初は3月31日までの予定でしたが、まもなく4月14日まで延長することが発表され、先日の金曜日に4月28日まで延長することが更に決まりました。罰則が付き、外出も家族の代表一人で行くようにとお達しが出、どんどん制限が厳しくなっています。

終わりが見えないこの状況で、観光ビザで滞在している私たちは帰国するべきなのかマレーシアに留まっているべきなのか…

 

今の私たちの状況

今現在、私と子どもたちは観光ビザでマレーシアに滞在しており、その期限は6月になります。

 

www.mw3mom.work

 1か月前に、Lockdown前の本当にぎりぎりのタイミングでビザランを完了しました。
ところが、この状況が続くようであれば次のビザランはありません。

  • そもそも年間180日の滞在は前回のビザラン時にオーバーしている(あの時は入国管理官が「どこから来た人で中国とかコロナ要注意の国に最近行ってないかを見る!」ということに集中していたため多分見落とした)
  • というか、Lockdownが解除されないといかなるビザを持っていてもマレーシア国籍を持つ人以外は入国できない

そしてビザランができないなら一度日本に帰って、少し間をあけてからマレーシアに戻る…という手も今の状況では使えそうもありません。結局のところコロナ騒ぎが落ち着いてくれないことにはどうにもなりません。

しかも「落ち着く」というのはマレーシアだけの問題ではありません…世界各国がLockdownをして、その解除ができずにいる中、マレーシアだけ解除するとは思えません。世界中の状況を見ないと「外国人の入国解除」にはならないでしょう…これは一体いつになるのか?

マレーシアのLockdown生活

f:id:mw3mom:20200411151220j:image

ここでのLockdown生活はもちろん楽しいものではありません。しかし、ただただ引きこもりの生活は、住み慣れた日本から遠く離れたマレーシアだからと言って大きな不便もありません。

マレーシアに留まるメリット

  • 家が広い(自宅待機でも子どもたちが家の中を走り回れるし階下の住民を気にしなくていい)
  • Lockdownが解除されればスクールにまた通える
  • Lockdownが解除されれば一時帰国の後、またマレーシアでもうしばらく生活できる
  • 帰国のための面倒な手続きをしなくてすむ

あとは、規則が厳しくて辛い面はありつつも、そのお陰で新規感染者数は横ばいで回復者数はそこそこ(4月11日の時点で42.11%)、死者数は多くはない(4月11日時点1.61%)という感じで、COVID-19への感染への恐怖はそこまで大きくありません。
爆発的に感染者数が増えず、そもそも自分たちも家にこもっているので感染のリスクが低いので、気にするべきは家から出れないストレスばかり…という感じです。

マレーシアに留まるデメリット

  • Lockdownの制限が厳しいので警察に捕まらないか不安
  • うっかり捕まってしまってマレー語onlyの警察官だったら弁明すらできないかもという不安
  • 日常生活に必要なものは売っているとは言え細々とした物が買えず不便
  • 日本への飛行機の便数も減り、交通機関の制限も厳しくなってもしかしたら日本に帰れなくなってしまうかも…

とはいえ、現状許されているのは6月までの滞在のみです。

警察に逮捕される!?という日常の不安もありますが、うっかり帰れなかったりすると不法滞在になってしまうのではないか…という不安もあります。

日本の様子(あくまでもネットや伝聞)

f:id:mw3mom:20200411151458j:image

徐々に患者数が増えてきて、首都圏を中心に緊急事態宣言が発令されましたね。海外に比べて拘束力は低いものの。色々生活しにくくなっているのは日本も変わらないようです。

日本に帰るメリット

  • 日本語が通じる、親兄弟がいるという絶対的安心感
  • マレーシアほどひどい自宅待機にはなっていない
  • 子どもも私も日本にはたくさん友達がいる
  • 食事が美味しい
  • 日本国民なのだからビザを気にする必要がない

自分の国ですから日本は大好きです。食事も何だかんだいって日本食大好きですし。

そして何より堂々といつまでも滞在していいし、医療費などの心配もなくなります。

日本に帰るデメリット

  • もうマレーシアにはしばらく帰れないかもしれない
  • 日本の空港で検査→結果が出るまで管理下に置かれる→自家用車などで帰宅→14日間の自宅待機…と面倒くさい
  • 日本の家の方が狭いし、階下への騒音も気になる
  • まだ花粉症に辛い季節かもしれない…
  • 日本はまだ寒い

今は日本もCOVID-19で規制が厳しくなってきているときなので、帰ったとしても不自由な生活になることはわかっています。

季節的にも常夏の生活になれた身で、まだちょっと肌寒い日本に帰るのは躊躇してしまうところ…うーんあともうちょっと…。

今帰国するとなると…

今すぐに帰国するとなると

  1. 在マレーシア日本大使館に帰国することをメールし、証明書を発行してもらう(メールで対応可)
  2. 日本大使館で発行してもらった証明書を印刷して、警察署に持っていき空港に行く許可印を押してもらう
  3. 許可印付きの証明書を持って空港に行き飛行機に乗る(場合によっては欠便の可能性あり!)

とマレーシア国内の移動だけでも大変そうです。※アンダーラインの部分は4/20以降省略となりました。

更に本帰国するとなれば、子ども3人に加え、優先順位はつけるにしてもそこそこな荷物と一緒に移動をしないといけないでしょう。

もちろん退居のための準備もしないといけません。

  • 銀行
  • 学校
  • スマホ(私のSIMカードはポストペイドのためひと手間必要。夫はプリペイドなので放っておけば使えなくなるだけ。)

特に放っておけないのが銀行です…MM2Hを見越して夫の口座にそこそこの金額を移動し、定期預金にしておいたので、それをどうするか…

 

コロナで帰国した私、待っていたのは… (NHK NEWS)

こちらの記事を見ると、日本に到着してからも一苦労のようです…。

マレーシアに滞在している今はかれこれ1か月自宅待機を続けているので感染している可能背は極めて低いと思われますが、空港でこそ感染しそうです。

何時間も何時間も子ども達と一緒に待ち続けるのも困難を極めます…。そして日本の残念なところの一つとして子どもに別に優しくないという…子どもが騒いだら「仕方ないよね」と思ってくれる人ももちろんいますが「静かにさせろ!うるさい!」となる人も少なくありません…。

 

私たちは幸いにして家を残してあるので、そして実弟に住んでもらっているので、あまりに直前でなければ家を明け渡してもらうのもさして難しくありません。
弟は元々都内の実家に住んでいたので、そこへ帰ってもらえれば通勤もできるので、何とかなってくれるかな、と。
人によっては以前住んでいた家を引き払っているので、まずは実家かホテルか…という選択肢しかない人もいます。隔離が必要な期間に実家に帰るのは肩身が狭いでしょうし、ホテルに行くには金銭的に厳しい部分があるでしょう。
そう思うと私たちは家族全員で滞在できる場所が確保されているので安心です。

 

ところが、そこにたどり着くまでがなかなか大変そうです…。
レンタカーも今は借りにくいようですし、自家用車は流石にない。実家の両親の家には車がありますが、そこに乗せてもらったら結局隔離できてないし。。
実家の車で迎えに来てもらって、両親には電車で帰ってもらって車だけ借りて自力で運転して帰る…でしょうか。でもそしたらその車はどうなるんだろう…。となるとレンタカーもどうなっているんだろう…消毒してる???

もうちょっと様子見る

とりあえず4月28日まで続くマレーシアのLockdown。それがその後も延長されるのか、解除されるのか、はたまた段階的に解除されるのか…なかなか予想しにくいです。

Lockdownが解除されないと帰国するにしても色々な手続きがしにくいので、4月末まで様子見です。

更に日本の緊急事態宣言も5月上旬解除予定なので、そこまでは様子を見ないと帰国時の煩雑さは変わりないでしょう。

 

ただ現状本帰国の可能性が濃厚になってきました…。残念だなぁ。