3児の母 マレーシアへ行く

7歳 5歳 2歳 ワンオペ助産師ママ2019年夏からマレーシア生活開始

MENU

【マレーシア生活】Maybankのオンラインバンキング

f:id:mw3mom:20200608002653j:image

マレーシアで夫は職場の指示によりMaybankというトラがトレードマークの銀行口座を持っていました。

 

観光ビザしか持っていない私は当然ながら口座を作ることはできず、夫が帰国後もここでの生活に必要なりマレーシアリンギットはこの夫の口座が頼りでした。

今日はそのオンラインバンキングの使い方とうっかりオンラインバンキングをロックしてしまった時の解除の仕方をご紹介します。

 

オンラインバンキング

日本でももはやオンラインバンキングは浸透しているので特に珍しいものではないかと思いますが、メイバンクは口座を作っても「通帳」というものが発行されないそうで、このオンラインバンキングは全員必須です。

残念ながら私自身は登録方法などは経験していませんので割愛します。他のサイトをお探しください…。

最初の登録が終わってからの使い方を書いていきたいと思います。

アプリがあればどこの端末からでも入れる

これも当然といえば当然ですが、アプリがあればどこのデバイスからでも入れます。

f:id:mw3mom:20200602110438j:image

夫の銀行口座なので当然夫のスマホにはアプリが入っていますが、夫のみ帰国することになったのでマレーシア残留組となる私もアプリをダウンロードしました。

f:id:mw3mom:20200602110506j:image

アプリを開くとこんな感じにまずログイン画面が出てきます。指紋のマークも出ていますが、もちろん私は夫と違う指紋なのでポチポチ入力します。一番最初に入力した後、2回目以降は自動で進んでくれたりします。
赤線が引いてあるところには自分で決めた「ヒント」的なワードが出ています。

f:id:mw3mom:20200602110700j:image

次にパスワードを入力します。1-2回うっかり入力ミスしても大丈夫だったけど慎重に…。

f:id:mw3mom:20200602110629j:image

中に入ると主たる口座の情報が表示されます。

下の方には支払いやら振り込みのボタンがあります。QRコードでの決済もできるようですが私はしたことがありません…時々お店で見かけます。

f:id:mw3mom:20200602110725p:image

JomPAY

PAYのボタンを押すと支払い画面に移動します。

f:id:mw3mom:20200602110818j:image

「NEW PAYEE」を選ぶと色々でてきますが、多分マレーシアで生活する人みんなが関係あるのが光熱費の支払い。

そのうちのガス代の支払いが「JOM PAY」というのでできます

f:id:mw3mom:20200608002909j:image

ガス代の請求書の裏に書いてある通りに番号を入力します。

Ref-1:は表の上の方にある番号を入力します。

f:id:mw3mom:20200608002849j:image

日本だと口座から引き落としというシステムがありますが、ここでは口座引き落としではないけど、多めに払っておいてそこから各月勝手に引き落としということができます。

f:id:mw3mom:20200608003501j:image

多めに払っておくと残高(?)がマイナス表記になっています。ここがプラスに転じたら新たに払い込むお金が発生したという状況です。

TRANSFER

最もよく使うのが「TRANSFER」振込です。特に使うのが「Transfer to Other Accounts」でした

学校の費用の振り込みも、オーナーへの家賃の支払いも、今回引っ越しの際の費用も振り込みでした。

f:id:mw3mom:20200608003135p:image

ちなみにATMからでも振り込みはできますが1日の限度額がRM1000と制限されています…。家賃を振り込むのすら何日かかかってしまう。。
オンラインバンキングであればRM10000とその10倍まで振り込むことができます。
※でもこれでも学校の半年分の学費は2日に分けて入金しました…高いなぁ。

f:id:mw3mom:20200608003045j:image

初めての時には「New transfer」を選択します。

f:id:mw3mom:20200608003113p:image

次に銀行を選び

f:id:mw3mom:20200608003512j:image

そして相手の口座番号と名前(これは自分しか見ないので「家賃」とか自分に分かりやすいように入力すればOK)を入力します。

f:id:mw3mom:20200608003238j:image

そしていくら振り込むかを入力します。

 

どこへいくら振り込むのかを入力し終えたら本人確認です。

 

登録した携帯番号にショートメッセージが送られてくるので、そこに書かれている6桁の番号を入力します。これを何度も間違えるとえらいことになります…。

そして完了。

もし領収書が必要ならこのタイミングで領収書画面表示ボタンが出てくるのでお忘れなく。

オンラインバンキングをロックされる…

引っ越しの費用はRM8100でした。なので私はオンラインバンキングからいつも通り入力をしたのですが…

額が大きいので「秘密の質問」にぶち当たってしまったのです!

 

  • 中学校の時の先生の名前は?
  • 母親の出身地は?
  • 母方の祖母の名前は?

など到底、夫本人ではない私には太刀打ちできず…義母の出身地くらい行けるかな?とやってしまったのが運の尽きでした。

最初の1回目を誤って未入力のまま「proceed」を押してしまい失敗。※その間夫に連絡してみるも既読にならず…

2回目をいけるか?と義母の出身地を失敗。

3回目は「あ、これヤバいかも」と思い、もう触らない!とアプリを閉じて夫の返信を待つことにしました。

 

しかし結局このアプリを閉じて放置、というのも良くなかったのかもしれません。

結果オンラインバンキングがロックされてしまいました。

 

ただし、その後も

  • クレジットカードは使える(PIN番号入力もWAVE※もOK)
    ※タッチ式支払い機能:SuicaやPASUMOみたいな感じ
  • ATMからの引き出しも可能
  • ATMからの振り込みも可能

と、オンラインバンキングの機能のみロックされているだけで、実生活では使うことができます。

 

ただし、我が家はもう半年分の学費とMM2Hが通った暁に私の名義で定期預金を組まなければいけないので、その分のお金を既に日本の口座からマレーシアの夫の口座に移していたのでさぁ大変。

大変というのは長期間ノータッチだと口座自体が凍結されてしまう…あげく中のお金を丸っと持っていかれてしまう…と非常にリスキーなのです。

現在のところマレーシア政府は外国人の入国をMM2H保持者以外には許していません。つまり私たちがこの国を出てしまったら、次にいつ入れるかわからない。
オンラインバンキングでつながっていれば、海外からでも口座のお金を動かすことができる!と分かったので、オンラインバンキングは私たちの大事なお金のまさに命綱なのでした。

オンラインバンキングのロック解除:海外からでも可能

まずは銀行窓口に行ってみました。

夫のパスポートのコピーや銀行のカードなどは持っているし、何なら夫とその場でSkypeをつなぐこともできるし、何とかなるのではないかと…

何ともなりませんでした。

門前払いでした。

 

受付「ダメダメ。本人が来なきゃダメなの。」

私「でも夫はもう日本に帰っていて、マレーシアに今入れないもの」

受付「じゃあここに電話してみて。解除できるかは私にはわからないけど。でもここではできないのよ。」

 

と、カードに載っている番号に電話するよう言われました。

 

夫にも仕方がないのでその情報を伝えて、国際電話で頑張ってもらうことにしました。

 

 

結果、何とかなりました!オンラインバンキング復活!

 

ただ電話に出ない…出ない…出ない…

日にをかえ、時間帯をかえ、何とか粘ってやっと電話がつながったそうです。

そしてありとあらゆる個人情報を伝え、職場の住所や秘密の質問など散々答えまくってやっと解除されたようです。

 

うっかりロックした時には
「もっとちゃんとしてよー。よく注意しなさいよ。」
と当たり前すぎる叱責を受けてぶーたれていましたが※だって何の具体性もないアドバイスじゃないですか。。
今冷静になればすまなかったな、そして夫ありがとうと素直に思えます。

テリマカシーバニャ